むくみの解消がダイエットに繋がる!

夏を感じる食べ物の1つにスイカがあります。スイカに含まれる「シトルリン」には血流を良くする効果があり、むくみを防止したり冷え性や肩こりの改善の他にダイエットにも効果があると言われています。食事の脂肪を3割カットするゼニカルを使いながらダイエットの効果を上げていきましょう。

*

ゼニカルは医薬品でも個人輸入なら処方せんがなくても購入可能

      2016/09/29

肥満の治療薬として処方されているゼニカルは挫折しにくいと言われています。

飲むだけで食べ物の中に含まれていた脂肪分を排出してくれるので、余計な脂質を体にため込んでしまう心配がありません。日本では医薬品になっているため医師の処方せんがなくては購入することができない薬です。

処方せんをもらうには病院で診察を受けなければいけないので、ゼニカルの代金の他にも診察や検査の代金や病院までの交通費と診察にかかる時間が必要になってしまいます。さらにゼニカルは日本では保険適応外になってしまうので自由診療として高額な費用が掛かってしまいます。

時間やお金がもったいないという人は、ゼニカルを処方せんがなくても購入することができます。それは個人輸入を行うことです。

ゼニカルの個人輸入は認められている

個人輸入とは海外で販売されている品を日本にいながら輸入することです。

そんなことをして大丈夫なのかと不安に感じるかもしれませんが「個人が服用する・一定量以内」であれば、個人で海外から医薬品を輸入することは認められているため安心して購入できます。ここでまた不安に感じるのが海外のものを購入する場合の連絡や支払いについてです。英語ならまだしも他の国ならば言葉が通じないのではないかと感じてしまいますが、現在は海外から医薬品を個人輸入するのをサポートしてくれるサイトが存在します。

それが個人輸入の代行サイトになります。

代行サイトのページは日本語表記

代行サイトを通じて申し込みをすれば、日本語のホームページから日本語で説明などを読むことができ、さらに購入代金も日本円での支払いが可能になりますので簡単です。

個人的に販売しているところを探しても偽薬だった場合の不安もありますが、代行サイトはその商品の成分チェックをきちんと行っているところも多く、きちんと商品のチェックが行われている代行サイトを利用すると安心です。

さらに嬉しいのはまとめ買いをすると1箱あたりの代金が安価になります。

もちろん海外で普通に販売されているものなので日本の処方せんは不要です。病院に行くための時間や交通費、診察代なども不要で家で待っているだけで届くという簡単さです。海外のものなので健康保険は使えませんが、それでも国内の病院で処方せんを出してもらって処方されたものよりも格段に安価で手に入れることができます。

費用が高くてゼニカルを飲みたくても続けられなかったという人は、個人輸入代行サイトの利用を検討してみてはどうでしょうか。