むくみの解消がダイエットに繋がる!

夏を感じる食べ物の1つにスイカがあります。スイカに含まれる「シトルリン」には血流を良くする効果があり、むくみを防止したり冷え性や肩こりの改善の他にダイエットにも効果があると言われています。食事の脂肪を3割カットするゼニカルを使いながらダイエットの効果を上げていきましょう。

*

ダイエット効果をより良く上げるためのスイカの食べ方

      2016/11/08

スイカは水分が多く含まれた食べ物であるため、食べ終わるとお腹がふくれた感じがします。
したがってこの果物を食べると、食事の量を抑えることができるようになりダイエット効果が期待できます。また水分だけではなく、様々な栄養素も含まれています。

リコピンは脂肪燃焼の効果

例えばリコピンです。

リコピンは活性酸素を抑制する働きがあり、脂肪を燃焼させてくれます。スイカを食べることで脂肪燃焼が実現できて、代謝が活発になり痩せる可能性が高くなります。さらに肝臓や腎臓の機能をアップさせる効果のある栄養素も含まれています。したがって、体内に溜まった老廃物を、体外へ排出させることができるようになり、デトックス作用が期待できます。ダイエットが期待できるこの果物は、効果を上げる食べ方を知っておくとさらに役に立ちます。

1食置き換えると効果

基本は1食をスイカにする食べ方です。

  • 朝食に置き換える

朝食をこの果物のみにするとダイエット効果が期待できます。

朝の時間帯には老廃物を排泄することを心がけると良いとされています。朝に水分や食物繊維が豊富な食べ物を食べると、排出のためによい結果が期待できて体重減に繋がっていきます。体調も良くなっていくため、1日の始まりに動きやすい体内環境が整っていきます。

  • 夕食に置き換える

また外食が多い人達や夜の帰宅が遅くなる人達の場合には、夜の食事をスイカだけにするとダイエットできます。

この場合には他の時間帯に栄養のバランスの取れたきちんとした食事をしておくことが必要です。過度の食事制限によって体調を壊すこともありますので、自分でよく弁えながら試してみることが大切なこととなります。

  • 間食に置き換える

さらに食間にこの果物を食べるとお腹が膨れるため、次の食事の分量を減らすことができるようになります。

どの時間に食べてもやせたい人達には、よい結果が得られるような魅力のある果物となっています。

白い皮にこそ栄養がある

この果物を食べる時には白い皮も捨てずに食べるようにします。

白い皮の部分に痩せることに役立つ栄養素であるシトルリンが含まれていますので覚えておくようにします。シトルリンはリコピンと同様に脂肪燃焼も効果もありますが、その他に血流を良くする効果があり老廃物を対外に出してくれます。もちろん赤い部分にもありますが、皮にはその2倍もあると言われています。

そのままで食べにくい場合には料理でアレンジをして、別のメニューとして添えるようにすると効果的です。スイカは夏向きの食べ物として冷蔵庫で冷やすことが多くなりまが、特有の甘さや栄養素を逃さずにするためには、常温で食べることがよい方法となります。