むくみの解消がダイエットに繋がる!

夏を感じる食べ物の1つにスイカがあります。スイカに含まれる「シトルリン」には血流を良くする効果があり、むくみを防止したり冷え性や肩こりの改善の他にダイエットにも効果があると言われています。食事の脂肪を3割カットするゼニカルを使いながらダイエットの効果を上げていきましょう。

*

ダイエット医薬品「ゼニカル」で食事から摂取される脂肪を3割カットする

肥満になると、高脂血症や高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病にかかったり、がんのリスクを高めたりします。体重負担によって関節症や脂肪による睡眠時無呼吸症候群などの病気も引き起こしてしまいます。

これを改善するためには、運動療法や食事療法、薬物療法によって治療していくことが大切でが、基本的には薬を使っての治療は行われず、運動と食事によって痩せていくことが理想的です。しかし、重度の肥満になると運動を行うことが体の負担になってしまいます。

そんな時に利用されるのが、ダイエット医薬品である「ゼニカル」です。ゼニカルとは経口内服するタイプの肥満治療薬になります。

食事内の3割の脂肪分をカット

経口服用することによって薬の主成分であるオリスタットが、腸内の脂質を分解する消化酵素であるリパーゼ酵素に作用して腸管からの脂肪吸収を抑えることができます。吸収されなかった脂肪は大便として排出されます。食事に含まれる脂質を約3割程度カットできることが分かっています。

この成分のメリットは、最も効果カロリーで燃焼されにくい性質を持つ栄養素である脂質のみに効果を発揮することが挙げられます。糖質やたんぱく質などの基礎代謝に必要な栄養素はそのまま吸収されることから健康的に痩せることができるとされています。

脂肪のコントロールが大切

ダイエット中の食事の中で最も問題なのが脂質です。
脂質に含まれるカロリーは三大栄養素中で最も高く、他の栄養素と比べて2倍以上あることがわかっています。そのため効率的に痩せるためにはこの脂質をコントロールすることが重要です。

体に負担のかけないダイエットをする場合には、きちんと食事をしながら痩せていくことが理想的です。極端に食べることを減らしたり、偏った食生活をして痩せようとすると急激に体重は落とせますが、体への負担にもなってしまいますし、リバウンドの危険性も高くなります。

飲みすぎても効果は変わらない

ゼニカルの正しい飲み方としては、経口内服薬であるため風邪薬などと同じように朝昼晩の食べた後に1錠を水と一緒に服用するだけです。オリスタットの効果が最も発揮されやすいのは食べている最中と食後になります。食前に飲んでも良いとされていますが、効果が薄まる可能性があるため避ける方が無難です。

より高い効果を得たいからといって2錠以上飲んでしまうとホルモンバランスが崩れてしまったり、肌が乾燥してしまうなどの作用が出てしまうこともあるため用法用量を守って正しく飲んでいくことが重要となります。

脂溶性ビタミンであるビタミンAなどの吸収も阻害されてしまうため、脂溶性ビタミン補助剤を服用することも必要です。

公開日: